· 

僕がベースを弾き始めたきっかけ


ブログご覧いただきありがとうございます!

坂本ベース教室講師の坂本です。

 

今回は僕自身のベースとの出会いについて書いていきます。


元々は音楽にあまり興味がなかった

 

僕がベースを始めたのは大学入学の19歳の時です。

 

軽音楽部入部がきっかけでした。

 

それまでは音楽は好きでしたが、

 

楽器に触れたこともありませんし、

 

幼少期に音楽的教育を受けていたということもありません。

 

というか中学生くらいまでは音楽にあまり興味がありませんでした笑


■音楽の目覚め

 

中学2年生の時にたまたま近所のレンタルビデオ店で友達と遭遇して1枚のアルバムを紹介してもらったことがきっかけで音楽、洋楽、パンクにハマりました。

 

そのバンドはThe Offspringというメロパンクバンドです。 


高校時代

 

友達がバンドを組んでいて何度かライブを見に行ってバンドに対する憧れはあったと思います。

 

まだこの時点ではベースに対して特に関心はありませんでした

 

聴いていた音楽もほぼ高校時代と同じです。多少幅は広がりましたがやはりパンク好きでした。


大学時代。ベースを始める

 

そして運命の大学時代。

 

軽音部に入ろう!!と決めていたはずではなかったと思います。

 

はっきりしたきっかけは覚えていませんが軽音部に入部することになり、

 

それがきっかけでベースを始めることになりました。

 

ここでようやく僕のベーシストとしての人生が始まることになります。


なぜベースを選んだのか??

 

これもはっきりとは覚えていないのですが、あまのじゃくな性格なので、

 

みんながやってる楽器は嫌や!!

 

という思いから選んだというのは1つあります(笑)

 

あとは当時はRed Hot Chili RappersのベーシストFleaがカッコいいなと思っていて選んだような気がします。

 

Flaeは今でも僕のヒーローで永遠に憧れの存在であると思います。



ベースは『好きで』始めた

 

そんな流れがあってベースという楽器と出会い、ベースを始めていくことになりました。

 

ベースは地味という印象からか、バンド内で誰もやりたがらずに

 

嫌々始めた

 

という人も少なくありません。

 

僕自身は幸いにも

 

自分の意志で、『好きで』始めることができました

 

今考えるとこれは大きかったかもしれないですね。

 

自分の性格とも合っていたと思います。


ということでまずはベースとの出会いについて書きました!

 

また音楽遍歴などは追って書いていきたいと思います。