· 

第2回合同発表会無事終了しました!



2019年6月30日(日)

 

・桜谷ドラム教室

・ミュージックスクールサエキ

・坂本ベース教室

 

3教室合同の発表会が開催されました!イベントとしては3回目、この3教室で開催するのは3回目のイベントになります。

 

参加人数は過去最高で講師演奏を含めると20曲ありました。大変なようで始まってしまえば最後の講師演奏まであっという間に時間が過ぎたなという感じでした。



■この発表会の特徴

 

まだ3回目の開催ですがこの発表会はとてもアットホームで暖かい雰囲気に包まれるのが最大の特徴だなと思います。それは講師、サポートメンバーの人柄がよく表れているからなんだと思います。

 

生徒さんもすごく素直ないい人たちばかりです。先生と話をしている様子を見るだけでも日頃のレッスンの様子がわかるような気がします。

 

生徒さんとの関係性については僕自身も1番意識しているポイントです。いい関係性を築き何でも話せる、聞けるようになるとお互いリラックスしてレッスンができるからです。

 

発表会独特の緊張した空気はありますが、いい演奏に対しては大きな声援で応え、途中には手拍子が入る場面もありました。ただ黙って聞くのではなく、楽しめる発表会の方がイベントとしてはいいですよね??


■気づき

 

また別で書きますが、発表会に参加する意義というのは人前で演奏することだけではないんだなと気づきました。大切な要素であることに違いはないのですが。

 

他の教室の生徒さんの演奏、同じ教室の生徒さんの演奏を聞く。これはとてもいい刺激になります。生徒さん同士で、

 

『かっこよかったです!』

『いつくからレッスン始めたのですか?』

『どんな練習しているんですか?』

 

など自然と会話が生まれて交流していたのが印象的でした。演奏を聞いて何か感じることがあったから、きっと話しかけてくれたんだと思います。いくら講師側から『いい演奏でした!』と言われても半信半疑だと思いますが同じ生徒さんやお客さんから言われると説得力がありますよね。

 

(ちなみに僕は半信半疑タイプでした笑。)

 

褒められるために演奏してるわけではないと思いますが、褒められれば当然嬉しいです。僕の生徒さんの演奏が褒められれば自分のこと以上に嬉しいです。

 

人の心を動かすベーシストになって欲しい。

 

これは僕の生徒さん全員に願うことです。レベルや目標は違っても。今回の発表会で参加者の皆さん随分成長しました。直前で自主的にかなり追い込んだ方もいました。

 

『先生が言ったからやる』では面白くないし、生徒さんの意思を尊重しないレッスンを僕はしたくないです。1つの考え方として自分の想いをレッスンで伝える、もし響けば言い方は悪いですが勝手に上達してくれます。

 

日々試行錯誤しながら伝え方を考えています。少なくとも今回参加いただいた生徒さんには僕の言葉が響いていて、結果としても表れていることが確認できてよかったです。いい生徒さん、いい講師仲間に恵まれて僕は幸せです。

 

次回は11月下旬頃に開催予定です。早くも楽しみです!!