· 

忙しくて練習時間が作れない方へ

 

ブログご覧いただきありがとうございます!坂本ベース教室講師の坂本拓です。

 

上達するためには練習は欠かせません。しかし、仕事や学校の用事などが忙しくて練習時間が作れない。そんな方も多いのではないでしょうか?練習時間は多く取れるほうがいいですが、以下のことを意識することで短時間の練習でも上達することは可能です。

 

短時間でも目的をしっかり持つ

 

単純な時間数だけではなく今はなんの練習をしているのか?という「目的」を持って練習しましょう。例え10分間であっても「スケール練習をしよう。特に音の粒のバランスを意識してやってみよう。」と目的を設定するだけで効果は全く違ってきます。内容も具体的な方がよいでしょう。

 

欲張り過ぎず、意識するポイントを絞る

 

欲張りすぎはいけません。あまり意識することを設定し過ぎないようにしましょう。1つの練習に1つ、それが終わればまた1つといった具合です。1つのことに集中することでより高い効果が得られます。

 

時間を設定して集中して練習する

 

時間を決めてその時間内で集中してやるようにすると更に効果が上がります。苦手な練習であっても時間を設定すれば頑張れると思います。時間を設定することでダラダラ練習を防げます。

 

移動時間にも練習はできる

 

もちろん楽器の練習はできませんが笑。メトロノームも持ち歩いて通勤・通学の電車内15分はリズムトレーニング、音楽を聴きながらフレーズを耳コピするイヤートレーニング、机の上などで指を動かし右手のピッキングのトレーニングなどです。右手のトレーニングは少し恥ずかしいと思いますが、大学時代僕はやってました笑。

 

まとまって練習時間が取れる時でも以上の点は意識しましょう。特に上の3つです。これら意識することで、いつもより内容の濃い練習をすることができます。

 

ぜひ今日から実践してみてください!

 

具体的な練習法目的の設定の仕方など悩んでいる方はレッスンでも教えますし、まずはお気軽にお問い合わせださい!料金に関しましてはこちらをご覧ください。お待ちしております、よろしくお願いします♫