· 

リズム感を鍛える!

 

ブログご覧いただきありがとうございます。坂本ベース教室講師の坂本拓です。今回はベースだけに限らず、音楽をやる上で非常に大事なリズムについてです。


■リズム感は後天的に習得できる能力

 

リズム、リズム感については悩んでおられる方多いかと思います。ですが、リズムに関してはセンスなどは関係なく練習すればある程度身につきます。持って生まれた能力ではなく、後天的に習得できる能力です。要はどれくらい時間を掛けて取り組んだかの差です

 

 

■リズム感が悪いと感じる2つの原因

 

1、自分の中に流れているリズムが一定ではない

 

これがいわゆるリズム感が悪いとみなさんが思っているものだと思います。多くの場合は段々感覚が短くなる、いわゆるハシったリズムの方が多いです。ハシったベースはなんだか前のめりな感じがします。解決策としては、まずは体内のリズムをより正確なものへと変えていきます。楽器を使わずメトロノームに合わせて手を叩く、足を踏むなどです。当レッスンのリズムトレーニングでも最初はこれをやってもらいます。

 

 

2、自分の中に流れているリズムは一定だけど、ベースで表現できていない

 

これは基礎力不足、楽器をコントロールできていないことが原因です。この原因に気づかないと、体内のリズムを強化してもよくなりません。大半は右手のピッキングに原因があります。解決策としては、右手のフォーム、練習法の見直し、録音して自分のイメージするポイントで音が出ているかチェックするなどがあります。


■練習方法

 

・自分の中のリズム感を正す

 

これが大前提となります。普段メトロノームを使わず練習しているなら、導入するだけでも効果はあります。2拍目・4拍目で鳴らす、裏拍で鳴らすなど方法は色々ありますが、最初は4分音符で拍の頭に鳴らすだけでいいです。まずはメトロノームを使う習慣をつけましょう。

 

 

・出したいリズム、グルーヴをイメージする

 

自分の中にイメージがないものを表現することはできません。こんな風に弾きたい、この人みたいになりたいなど、理想の形をイメージしましょう。理想があれば録音した自分の演奏を聞いた時に比較することができます。逆に理想がないとどこをどうすればいいかがわからないので、修正することができません。

 

グルーヴについてはまた別の機会に書きますが、いいリズム感とはメトロノームからズレないということだけを意味しません。グルーブについてはこちらの記事をご覧ください。→『グルーヴとは?

 

リズム感を鍛えつつ、理想のリズムとの差を比較、研究しながら修正する。これが基本となります。


いかかがでしたか?簡単にではありますがリズムについて書きました。リズムのしっかりしたベーシストはそれだけでもバンドのメンバーから信頼されます。地味で大変なことではありますが、基礎練、リズムトレーニング頑張りましょう!坂本ベース教室ではリズム練習、基礎練習だけのレッスンも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。