· 

楽器上達のポイントは『脱力』を意識すること

いつもブログご覧いただきありがとうございます!坂本ベース教室講師の坂本拓です。今回はいい音でベースを演奏するために重要になってくる右手のピッキングのポイントについてです。

 

ベースという楽器はギターに比べて大きいし、弦も太いです。そんな楽器で太く大きい音を出すためにはきっとすごく力がいるに違いない!そう思っていた時期が僕にもありました。


ベースを弾くのに力は必要ない

 

誤解のないように言っておきますが、しっかりと弦をピッキングする必要はあります。しかし、力任せにピッキングしても動作に無駄が多くなりいい音は出ません。ここを誤解していると、見た目に反してベースの音はあまり鳴らないという現象が起こります。

 

 

*大切なのは右手の『スピード感』と『瞬発力』

 

・大切なのは弦を通過する時のピッキングのスピード感と瞬発力です。

 

そのスピード感を出すためには力が入っていてはできません。しっかり脱力して、指の根元から動かすようにイメージします。大振りし過ぎず、弦の近くから自分の音の出したいタイミングでしっかり音が出せるようにしましょう。


慣れるまでは少し変な感じがするかもしれませんが、スピード感を出す練習を重ねていくと、今までどれだけ力んで演奏していたかがわかると思います。力んでいる状態だと見た目ももちろん、音や、グルーブにも影響します。もっと太い音を出したい、いいグルーヴが出せないとお悩みの方、ひょっとしたら力み過ぎなのが原因かもしれませんよ!

 

自分にとっての最適な「力の加減」を色々試して見ましょう!!右手、左手のフォームのアドバイスが欲しいという方、お気軽にご連絡ください。基礎練習だけのレッスン受講も可能です♫

 

お問合せはこちらから。よろしくお願いします!