· 

ジャズ初心者におすすめしたい1枚

 いつもブログご覧いただきありがとうございます!坂本ベース教室講師の坂本拓です。今回は『ジャズを聞いてみたいけどなにから聞いたらいいかわからない』、『聞いてみたけどなんだか難しくてよくわからない』という方に僕がお勧めする1枚を紹介します。


■ジャズにも色々ある

 

ジャズといっても、時代によって色々な演奏があります。ビックバンドジャズ、ビバップ、ハードバップ、クールジャズ、モードジャズ、コンテンポラリージャズなどです。それぞれに良さがあるのですが、もちろん人によってどれが好きかは異なります。最初にどれを聞くかによってジャズを好きになるか苦手になるかが別れるように思います。ちなみに僕はハードバップが1番好きです。

 

■Red Garland 『Groovy』

 

僕が1番おすすめするアルバムはこれです。アルバムとしてもおすすめですし、Red Garlandというピアニストも大好きでおすすめです。このアルバムはとにかくグルーブが心地よいです。ピアノ、ベース、ドラムのトリオの演奏ですが、3人のバランスや音色も絶妙です。中でも1曲目の『C Jam Blues』がおすすめです。

 

 

彼の魅力は『わかりやすさ』だと僕は思います。フレーズが非常にシンプルなんですが、歌心があり心地よく、力を入れずにリラックスして聞ける、そんなピアニストです。このわかりやすさがジャズ初心者にとっては入りやすいポイントかなと思います。


★自分の好きな1枚を探す

 

もちろんこれも好みですので、ぴんとこなかった方もいるかと思います。そんな方は以下の書籍を紹介します。ざっくりとジャンルやカテゴリー毎にまとめてジャズアルバムを紹介しているので、きっとお気に入りの1枚が見つかると思います。このブログでも今後おすすめのアルバム紹介して行きたいと思います。

 

一生モノのジャズ名盤500/後藤雅洋

 

amazonリンク

 http://amzn.asia/11m8UsT