· 

音楽レッスンは月に何回受けるのがいい??

 

ブログご覧いただきありがとうございます!坂本ベース教室講師の坂本拓です。今回は音楽レッスンの頻度や回数について悩んでいる方に向けたブログです。自分のペースやスタイルに合わせて利用することで、上達も早くなると思います!


■最初に:レッスンを受ける時の注意

 

まず最初に知って欲しいこと。

 

レッスンを受けるだけで楽器が上手くなるわけではありません。

 

レッスンで教えてもらったことを活かした結果、上手くなるのです。

 

まずは、そこを踏まえてレッスン回数を考えるのがいいでしょう!

 

上達するためには、

 

1、ある程度の上達を実感できる

2、無理なく続けられる、楽しく練習できる

 

ことが大切です。

 

ただ回数を増やすでけではなく、

 

自分が無理なく続けられる回数で受講しましょう!

 

せっかく始めたのに嫌になって辞めてしまっては元も子もありません。


■月1〜4回のレッスンの特徴

 

★月に1回のレッスン

 

・忙しくて時間の取れない人向けです。

 

たとえ月1回でも、誰かに教えてもらうことで日々の練習の質は上がります。

 

家で1人でもしっかり練習できる方にとっては、出費も抑えられていいかと思います。

 

ただし、次のレッスンまで感覚が空いてしまうので、内容を忘れてしまうということが考えられます。

 

また、先生の方針によりますが何か疑問点が浮かんでも、次のレッスンまで聞けません。

 

スケジュール的に1日しか無理な場合は、2時間連続で受講することも可能です。

 

 

★月に2回のレッスン

 

・まずはこれからスタート!

 

特に初めてレッスンを受けられる方、今後継続していけるか心配の方は月2回から始めて物足りなくなったら増やすのがいいと思います。

 

2回だと特に多いとは感じない回数のようですし、練習も十分できます。

 

仕事等が忙しくて次のレッスンまでに練習ができなかったというケースも少ないです。

 

 

★月に3回のレッスン

 

1番オススメです!!

 

のんびりレッスン受けたい方には少ししんどいかもしれませんが、

 

生徒さんを見て1番上達を実感できるのは月3回、4回の方です

 

単純に回数だけの問題ではありませんが、これくらいの感覚が1番伸びるようです。

 

料金的も少し安くなるので、長く続ける方はお得にレッスン受けられます!

 

 

★月に4回のレッスン

 

・時間的に余裕のある方にはオススメ!

 

時間的に余裕のある方、絶対上手くなりたい!と意気込んでいる人にオススメです。

 

ライブの直前、学校の夏休みなど、集中してレッスン受けたい時のみ受けてもいいです

 

毎週レッスンがあるので、練習していないとあっという間に次のレッスンの日が来ます。

 

1人だとつい練習をサボってしまうので、月4回レッスンに来られている生徒さんもいます。

 

その生徒さんは4ヶ月ほどで随分上手くなりました!現在も継続中です。


■レッスン後の練習が大事な理由

 

レッスン中に質問があったり、フォームの修正などをする場合、アドバイスや練習方法を紹介することはできますし、その場でもある程度効果は実感していただけますが、

 

そのレッスンの時間内に習得できる場合は少ないです。

 

これがレッスン後の練習が重要な理由です。

 

レッスン回数が1回しか受けられない、あまり費用を掛けたくないという人は

 

とにかくたくさん質問を用意してレッスンを受けましょう

 

忘れないようにメモや録音をして、家で教えてもらった練習をすれば効率よく練習ができます。

 

レッスンに空きがあるなら2コマ連続でレッスンを受けて、たくさんアドバイスをもらうのもいいと思います。

 

いずれにせよ、レッスン後の練習が大事な点は同じです。


★まとめ

 

月に何回レッスンを受けたとしても1番大事なのは、

 

レッスン後の練習です

 

・自分のスケジュールだとどれくらいの練習時間が作れるのか?

・その講師の課題をどれくらいでこなすことができるのか?

 

そこを考えた上で決めるのがいいでしょう。

 

自分でわからない場合は体験レッスンやメールで先生に相談してみるのもいいでしょう。

 

途中で回数を増やせるなら最初は月2回がいいかと思います。

 

その先生のレッスンが自分に合っていて、課題の量も適切だと思えるなら、

 

月4回のレッスンを受ける方が確実に成長は早いです。

 

実際にレッスンを受けてみないとわからない部分もありますが、自分の性格や、やりたいことも考慮してレッスンの頻度や回数を考えてみましょう。

 

何かわかりにくい点や疑問がありましたらご連絡ください!

 

当教室のレッスンを希望されない方でもお答えします。もちろん体験レッスン希望の方もお気軽にご連絡ください。よろしくお願いします!